債権を買い取るという資金調達の方法をご存知の方は少ないと思います。

これを「ファクタリング」と言います。

経営を円滑に実行するには、借り入れが必要なことがありますが、その企業の状況しだいで借り入れはひじょうに困難になり、経営に危機を招くことも稀ではありません。

銀行借り入れの審査に問題ない経営状態であったとしても、融資のための審査に時間を要するため、タイムリーに資金を用意できないことも多いものです。

特に医療関係の場合は、設備投資が膨大な額になることも珍しくありませんので健全な病院経営を維持できなくなる場面もあります。

ファクタリングと言うのは、借入対応が不可能な場合においても、資金繰りであわてることなく即座に資金の調達が出来る方法です。

 

よって、この人気はうなぎのぼり。

日本では40%程度が赤字経営と言われる病院経営において救世主とも評されるファクタリングとなってきました。

病院関連、歯科医院、薬剤関連、介護関連においては、他の企業よりもお困りの方が多く極めて多くの需要を得るものとなっています。

このことから、安易にファクタリング事業に参入する業者も増えてきており、中には危険極まりない粗悪な業者がファクタリングを手掛けていることがあります。

いくら債権が即座に現金化できると言っても債権を持ち逃げされたり、暴利をむさぼられては経営に良い結果をもたらしません。

ファクタリングは一般によく認知された銀行借り入れなどとは違ってご存じない方々も多いと思います。

 

この有望且つ高収益の事業にあなたも簡単に参加できるのが代理店制度です。

ご自身でこの事業を始めようとすれば、4億、5億という運転資金が必要ですが、それは無用。

極低資金だけで開業できますので、1件の契約獲得で600万円の収入を目指してください。

詳しくはこちらです。